ネイルができるバイトはこれでOK!ハンドモデルのお仕事とは?どんな種類があるの?

ネイルの資格は絶対必要? なしでも大丈夫?

ネイルのハンドモデルのお仕事とは何でしょうか?
どういったものを想像するでしょうか?

無料でジェルネイルをしてもらえるの?
ハンドモデルをするとお金がもらえるの?
撮影とかがあるの?

大きく分けて、3つあります。

 

種類 難易度 仕事頻度 報酬額 日程自由度 仕事時間
①手タレ
ハンドモデル
難しい 少ない 数千~数万円 約1~8時間
②サロン練習台
ハンドモデル
なし 少ない なし 約2時間
③ネイル検定
ハンドモデル
普通 多い 数万円 約3時間
  1. ①パーツモデルとして活躍する、いわゆる「手タレ」
  2. ②ネイルサロンでジェルデザインをするハンドモデル
  3. ③ネイル検定のハンドモデル
  4. まとめ

 

①パーツモデルとして活躍する、いわゆる「手タレ」

手タレ

プロダクションなどに所属をして、パーツモデルとして在籍します。
お仕事は爪だけではなく「手」として活躍します。
手に目立つ傷やホクロ、アザ等が無く、とにかく「手」がキレイな状態である必要があります。

実際にハンドモデルになれるかどうかは厳しい審査があり、なれたとしてもお仕事の機会が少ないため、ハンドモデルとして活躍することはかなり難しいでしょう。

また、一番苦労するのが日常生活です。

 

「とにかく傷を付けない」が鉄則です。

×水仕事はNG、ゴム手袋着用
×包丁もNG、料理はさみ使用
×手にも顔同様の高級クリームなどのケアが必要
×毎日外出時には手袋着用

 

それから「手」だけで表現できる、ある程度の「演技力」も必要です。
商品を活かすように対応できるか、手からはつらつとした雰囲気、柔らかい雰囲気など求められる様子を出すことが出来るかなどが求められます。

 

<メリット>

・CM、広告などに出演できる可能性がある
・スタジオなどで撮影してもらえる

 

<デメリット>

・お仕事としては狭き門
・日常生活の制約がかなり多い
・演技力が必要

 

②ネイルサロンでジェルデザインをするハンドモデル

サロンジェルネイルモデル

 

一言で表すと、ネイルサロンでの練習台となるモデルです。

新デザインの練習や、新人ネイリストがサロンワークと技術習得のための練習としてのお仕事です。
現在ネイルサロンではジェルネイルが主流となっているため、ジェルネイルのハンドモデルが一番多いケースです。

デザインは決められたものであることもありますが、サロンワークの練習の場合、お客様の要望をヒアリングするところから行うので、好きなデザインでお願いすることも出来ます。

また、サロンで導入する新しいジェルを試して、何週間持つかなどのテストで依頼されるケースもあります。
どんな種類のジェルを使用するかはネイルサロンにとっては非常に重要です。
レストランで例えると、どんな食材を使っているのかということです。

新しいジェルの使用感や新デザインを試すことによって、実際の施術にかかる時間やテクニックの見直しなども行っています。

 

このように、ネイルサロンでのハンドモデルバイト、というのは
無料でジェルネイルを施術してもらえる、ということが報酬になります。

基本的には爪の形やキレイさに関係なく誰でも出来ます。

 

<メリット>

・無料でジェルネイルをしてもらえる

 

<デメリット>

・練習台として、新しいジェルやデザインなどを試される
・新人ネイリストなどが施術を行う場合、技術が未熟な場合がある
・基本的に一回きり、単発のお仕事

 

③ネイル検定のハンドモデル

ネイリストが検定試験を受ける際に、必ず必要となるハンドモデルになるお仕事です。
気をつける点は、ネイルサロンで無料でネイルをしてもらえる、という内容ではないことです。

試験用のネイル施術は左右バラバラの仕上がりです。
そのため、施術後は必ずオフが必要になります。
(オフは毎回ネイリストが責任を持って行うことが常識)

例えば、1級のハンドモデルをした場合このようになります。

 

右手には乳白色の長さのあるアクリルが5本指についている状態。
左手には親指と小指には何も施術がなく、薬指には3Dアート、人差し指と中指には長さのあるアクリルがついている状態。

つまり、左右ちぐはぐになります。
かわいいデザインも入りません。

しかも、ネイリストの練習にもお付き合いすることが大半なので、オフを繰り返すことで爪へのダメージは少なからずあります。

ネイル検定のハンドモデルのメリットは、お仕事として報酬があると言うこと、ネイルケアを毎回してもらえることが多いため、素爪をキレイを保てると言うことです。
お仕事として報酬があるため、副業、複業としても活躍できます。

 

一般的に「手がキレイ」な方であれば誰でも出来るため、ネイル検定のハンドモデルになれる可能性は大きくあります。

試験時期は受験級によって異なりますが、3ヶ月か半年に一度あるので、ハンドモデルはそのペースに合わせて短期、長期で引き受けることが可能です。

 

<メリット>

・モデル料が稼げる
・ネイルケアが学べる

 

<デメリット>

・爪へのダメージがある
・キレイな施術をやってもらえる訳ではない
・ネイリストの卵が施術をするので、技術が未熟な場合がある

 

まとめ

一言で「ハンドモデル」と言ってもそのお仕事スタイルは様々です。

「手タレ」としてのハンドモデルは狭き門のためとても難しいですが、
ジェルネイルを無料でしてほしいと思ったら「ネイルサロンのハンドモデル」に応募するのが良いでしょう。
SNS掲示板やサロンなどで募集していることが多いです。

ハンドモデルをお仕事として稼ぎたいということであれば、ネイル検定のハンドモデルとしてお仕事を受けることをおすすめします。
ネイル検定のハンドモデルとネイリストとつなぐNAIL&YOU(ネイルアンドユー)がオススメ!

ハンドモデル登録はこちらから

上手に使い分けましょう。